外貨両替クイックサービス全18通貨(米ドル・台湾ドル・香港ドル・韓国ウォン・中国元・ユーロ・ロシアルーブル・カナダドル・オーストラリアドル・ニュージーランドドル・シンガポールドル・タイバーツ・インドネシアルピア・マレーシアリンギッド・ブラジルレアル・エジプトポンド・南アフリカランド・日本円)が福岡空港国際線でついにスタート!しかもレートが安い!お得!それは外貨両替レートも血のにじむような企業努力とまるで乾いた雑巾を絞るように経費削減をした結果、福岡空港で一番安いレートを実現することができました!しかも手数料も一切不要です。また便利な外貨宅配サービスもございます。わが社のビジョンは外貨両替事業と7カ国語同時通訳ケータイ・手話サービス事業を通して世のため人のために尽くしそして生きた証を残します。そしてこの度、社運をかけて九州で初となる、リンカーンのロングストレッチリムジン(新型新車特別限定車)を走らせます!目指すは『観光の総合商社』です。

  

Posted by at

2011年09月13日

岩崎弥太郎が大好き♪人生を懸けてバリバリ働く社長!

三菱の創業者icon76岩崎弥太郎に惚れているicon06



カルテルでもないicon90トラストでもないicon88コンツェルンだぁぁぁぁぁぁicon56icon56icon57

今夜も眠れそうにないicon57icon57icon57

最近☆暑くて寝苦しいからねっicon194  

Posted by 二宮 徹 at 21:22Comments(0)岩崎弥太郎

2011年08月30日

福岡空港の仕事人☆最期の言葉!

三菱の2代目社長である岩崎弥之助が最期に発した言葉が、「何の不平もなし。」

これは癌に侵されて苦しんでいる弥之助を医者が心配して、「苦しくありませんか。」と聞いた時の言葉・・・。

この言葉が最期となるが、「何の不平もなし。」とは、自分の病気に対してではなく、恐らくこれまで立ち上げた数々の事業に対して、そして自分の生きた人生に対してそう思ったのではないだろうか。

「不平」とは、要求が満たされずに不愉快な思いが態度や言葉にでる様を言うのだが、それが「なし」とはなんと器の大きいことか。

岩崎弥太郎物語には、こうも書いている。
「事業の多角化は、海に風あり、山に霧あり、決して容易なことではなかった。されど、弥之助は敗けなかった。あらゆる困難をひとつひとつ克服し、今日の三菱の基礎を築いた。」

岩崎弥之助、享年57歳でこの世を去る・・・。

弥太郎と同じく早すぎる死だ。  

Posted by 二宮 徹 at 18:32Comments(0)岩崎弥太郎

2011年08月25日

岩崎弥太郎がいない!

すごい写真ですface05



坂本龍馬はおるはicon14桂小五郎はおるはicon14高杉晋作もおるしicon14西郷隆盛もicon77

ゴールデン豪華キャストですicon97
現代に例えるなら、NHK紅白歌合戦の「白組」のみたいねicon96

しかーしっicon57私が大好きな岩崎弥太郎がどこにもおらんicon41

恐らくこの頃はすでに、地下浪人ではなかったのだろうicon09

  

Posted by 二宮 徹 at 18:01Comments(0)岩崎弥太郎

2011年08月20日

福岡空港の仕事人☆岩崎家の家訓!

岩崎弥太郎の母、美和が創った岩崎家の家訓をここに紹介しようicon77

一、人は天の道に背かないこと

一、子に苦労をかけないこと

一、他人の中傷で心を動かさないこと

一、一家を大切にすること

一、無病のときこそ油断しないこと

一、貧しいときのことを忘れないこと

一、常に忍耐の心を失わないこと

四番目にある、無病のときこそ油断しないことicon77これが一番身に応えるicon108健康を失っては何もならないicon41

健康こそicon14かけがえのない財産だicon57




  

Posted by 二宮 徹 at 14:59Comments(0)岩崎弥太郎

2011年08月10日

福岡空港の仕事人☆私は岩崎・Yさんのことが大好きです!

じゃ~んicon97本日これだけの本をジュンク堂で買いましたicon196
ちなみにジュンク堂とは社長がクドウ ジュンと言って苗字と名前をひっくり返して命名されていますicon53



かなり岩崎弥太郎に惚れていますicon06相当のめり込んでいますicon57バリバリ面白いですねicon22もう夢中になっていますicon09

Crazy for Yataroicon102

読破しますicon57目指せicon77コンツェルンicon57



今までに読んだ本icon48



これもねface05  

Posted by 二宮 徹 at 19:16Comments(0)岩崎弥太郎

2011年04月20日

岩崎弥太郎にのめり込む☆人生を懸けてバリバリ働く社長♪

ちょっとブレイク ジョブicon153

岩崎弥太郎はほんとうに肝が据わっている。当然だicon57

渋沢栄一(第一国立銀行(当時)頭取、第一国立銀行⇒第一銀行⇒第一勧業銀行⇒現、みずほ銀行)がワークホリックの弥太郎を気遣い他の取締役に社長の座を譲るように促した時に弥太郎が言ったセリフがしびれるZeeeicon57

弥太郎「渋沢さん、なるほど三菱は合本組織(今でいう株式会社)ですがね、それは法律上の形だけで別に誰からも資本を集めたのではありませんよ。全部この岩崎弥太郎一個人の資本です。だから三菱会社(当時)と言っても、私の個人事業と同じなのです。利益も損失もすべて私一身に帰するものなのです。だから、部下はあっても仲間はいない、私が最後の全責任をとらなけりゃならんicon57」-暁の群像より抜粋ー

かっこ良すぎるicon97当時の三菱は正にベンチャー企業だからもっともな発言だicon57

ところが、大企業になるとどうだろうか。大手企業のトップや従業員が何か不祥事を起こしたり、業績悪化やトップが株主と対立したりすると、社長は辞めて責任をとる。そして新しい社長に交代する。簡単に辞めればいいという問題ではない。しかも辞めていったいどうやって責任がとれるのかicon57逆でしょicon77責任をとってから辞めるべきだ。」

それに対してベンチャー企業は社長が辞めたらどげんなるとかicon77そう、従業員やその家族までもが路頭に迷い、事業の存続も極めて危ぶまれるicon77弥太郎が言うように本気で最後の全責任を取らなければならんとですicon57

だから人生懸けてますicon57icon57





  

Posted by 二宮 徹 at 21:51Comments(0)岩崎弥太郎

2011年04月20日

岩崎弥太郎もベンチャーだ!福岡空港でバリバリ働く社長♪

三菱財閥を築きあげた、創業者の岩崎弥太郎はほんとうに商魂たくましいicon57

明治13年4月に岩崎弥太郎は新規事業となる、為替事業(この場合は資金の貸し付け、いわゆる金融業)を立ち上げる。この頃、既に三菱会社(当時)は海運業で全国の8割を占めており、ほぼ独占状態だったにも関わらず、これだけでは満足していなかったのだicon57

弥太郎の仕掛けとはicon79

三菱と業者は荷為替(お金を貸す代わりに三菱の船に荷を積むという条件)の契約を結ぶ⇒取引業者は必ず荷物(貨物)を三菱の船舶に積む⇒その荷物には必ず三菱の海上保険にかける⇒陸揚げされた荷物は必ず三菱の倉庫に預けるというルールを創ったのだicon57

三菱会社(当時)は一度貨物を運ぶだけでその一社から⇒荷為替料+運賃+保険料+倉庫料が手に入るというすばらしいビジネスモデルを構築したのだicon57

そしご存知の通り、金融業(銀行・損保)、海運業、倉庫業と事業を確立していくicon57

恐るべし、岩崎 弥太郎icon57
目指せicon77コンツェルンだZeeeicon57







  

Posted by 二宮 徹 at 19:03Comments(0)岩崎弥太郎

2011年04月08日

岩崎弥太郎の名言☆人生を懸けてバリバリ働く社長♪

日本経済が低迷するいまこそ、元気&パワー&勢い&明るさ&暴走icon66を九州福岡県福岡市中央区天神ibbビル3Fから全国に届けるicon57

しかしicon11仕事がさばけんicon196

そんなこと言ったらいかんicon101いま働けることに喜びを覚えて感謝せんとface02

私の座右の銘である、「有言実行」の精神で新規事業に着手するicon57
壮大な夢をヴィジョンをもって実現するicon57これがマイラストライフワークと位置付けているicon57



弥太郎曰く、
「小事にあくせくするものは大事ならず。ひとたび着手せし事業は必ず成功を期せ。」





  

Posted by 二宮 徹 at 22:04Comments(0)岩崎弥太郎

2011年04月01日

岩崎弥太郎に近づく☆人生を懸けてバリバリ働く社長♪

この本は何度読んでも面白いface05



弥太郎の成功術がよく分かるicon57

商談の舞台はいつでも富貴楼だicon152icon28

そこで接待しているときは決して仕事の話はしないicon77
相手を楽しませることに専念するicon65

そして翌日商談相手に会うことで、話を円滑に進めていくicon48
とにかく弥太郎は相手の懐に入り込むのが上手いと言えるicon96

映画「プリティ・ウーマン」でも同じような場面があったが、ビッグディールのときには必ず女性の存在が欠かせないface05

そして行動が早いicon16
藩券が廃止されることを知ると、その藩券を片っ端からかき集めて新しい紙幣と高値で交換するicon53
それを軍資金にして武器、弾薬などを買い占めるicon53それをまた高値で売るicon77

更には事業に対する執念が人一倍あることicon57
外資系の海運会社(P.O)とダンピングの死闘を演じたときも絶対に諦めなかったicon57

う~んicon14岩崎弥太郎から学ぶことが多いicon63

カルテル&トラスト&コンツェルンicon123この中で私が目指すのはやっぱコンツェルンでしょicon96

いま時代が大きく動いている。これからの日本経済を弥太郎ならどう読むだろうかicon79

マーケットのステージを日本からアジアにシフトするべきかicon56
英語が通じて地の利がよく、いまのビジネスの即効性と費用対効果を考えると、私の場合はHKGがベストだicon06

KORも考えたけども言葉が通じないicon10
なら通訳を雇えばってicon66いやいや通訳はアテンドしないで、自力で商談する主義icon09

いつも即決する私が、ここ1週間程こんなに悩んだことは今までにないicon195

やることが多すぎるicon56icon57
でも楽しみもあるしicon14まっ、いいかっicon194

人生もベンチャーだicon77





  

Posted by 二宮 徹 at 21:19Comments(0)岩崎弥太郎