外貨両替クイックサービス全18通貨(米ドル・台湾ドル・香港ドル・韓国ウォン・中国元・ユーロ・ロシアルーブル・カナダドル・オーストラリアドル・ニュージーランドドル・シンガポールドル・タイバーツ・インドネシアルピア・マレーシアリンギッド・ブラジルレアル・エジプトポンド・南アフリカランド・日本円)が福岡空港国際線でついにスタート!しかもレートが安い!お得!それは外貨両替レートも血のにじむような企業努力とまるで乾いた雑巾を絞るように経費削減をした結果、福岡空港で一番安いレートを実現することができました!しかも手数料も一切不要です。また便利な外貨宅配サービスもございます。わが社のビジョンは外貨両替事業と7カ国語同時通訳ケータイ・手話サービス事業を通して世のため人のために尽くしそして生きた証を残します。そしてこの度、社運をかけて九州で初となる、リンカーンのロングストレッチリムジン(新型新車特別限定車)を走らせます!目指すは『観光の総合商社』です。

  

Posted by at

2008年02月19日

ドトールコーヒー鳥羽会長ったい☆福岡空港国際線で働く社長♪

早起きは3億円やったったいicon57昨晩は深夜1:30就寝icon51早朝4:30に起床したら☆ほんとうにラッキーポッキーなことが起こったとーっface02

これはマジミラコー(ほんとうに奇跡的)な出来事ですicon12

大きな文字じゃあ書けんばってん☆アンビリバボー&インクレダボーなことが起こるなんてチョーエキサイティッドしとりますicon57

あこがれの人とコラボできるなんて興奮フンフンですicon56icon57

やっぱ新聞は隅から隅までゆっくり読むもんやねっicon100

さて☆きょうは㈱ドトールコーヒー鳥羽博道(とりば ひろみち)会長の話を聞く機会がありました♪
まずは鳥羽会長のプロフィールを紹介するけんねっicon65

58年ブラジルへ単身渡航。コーヒー農園「などで3年間働いた後、61年帰国。コーヒー会社に勤務するが、62年理想の会社を自分の手で「作ろうと独立。㈲ドトールコーヒー(現在の㈱ドトールコーヒー)を設立。
コーヒー豆の焙煎加工卸業からスタートし、一般の喫茶いてん・ホテル・レストラン・大手外食産業などへの卸業を行う傍ら、72年に「カフェコロラド」のチェーン展開を開始。80年セルフサービスコーヒーショップ「ドトールコーヒーショップ」を出店し、喫茶革命と言われる。※福岡商工会議所資料より抜粋

きょうの話から何を学んだとかicon60

まずは、損得が先ではなく、何が正しいかを考える。そして相手に儲けさせて自分は後から。
これは経営の神様である松下幸之助さんの教えで【たらい哲学】と呼ばれており、自分の方に水を掻こうとするとと水は逃げてしまう。しかし、相手の方に水を掻いてやると自然と自分の方にも水は流れてくるという考え方である。

全てはお客様のために=CSという考え。ちなみにTISCOESありきです。

また、鳥羽会長のモットーは無責任不親切は断固として許さないというからそのときの口調は迫力がありましたね。

そして商品・サービス価格に魅力がなければお客様は来てくれない!もっともなことで、「あの人から買いたい」「あの人に会いたい」とお客様に言わしめれば、もうこっちのものである。
ちなみにスピード品質も大事と尊敬する経営者の方から学びました。

またどうやってその商品の価値を高めるかをいつも考えて、トップが自ら率先垂範(ジャー☆クッicon194)でやることが大事であると・・・。

最後に現状否定して革新を絶えずおこなえば企業は進化するとほっしゃん、違ったおっしゃってましたねicon12

きょうはいい勉強になったばいicon01早速実行あるのみったいicon56icon57face02icon125  

Posted by 二宮 徹 at 17:26Comments(0)経営者