外貨両替クイックサービス全18通貨(米ドル・台湾ドル・香港ドル・韓国ウォン・中国元・ユーロ・ロシアルーブル・カナダドル・オーストラリアドル・ニュージーランドドル・シンガポールドル・タイバーツ・インドネシアルピア・マレーシアリンギッド・ブラジルレアル・エジプトポンド・南アフリカランド・日本円)が福岡空港国際線でついにスタート!しかもレートが安い!お得!それは外貨両替レートも血のにじむような企業努力とまるで乾いた雑巾を絞るように経費削減をした結果、福岡空港で一番安いレートを実現することができました!しかも手数料も一切不要です。また便利な外貨宅配サービスもございます。わが社のビジョンは外貨両替事業と7カ国語同時通訳ケータイ・手話サービス事業を通して世のため人のために尽くしそして生きた証を残します。そしてこの度、社運をかけて九州で初となる、リンカーンのロングストレッチリムジン(新型新車特別限定車)を走らせます!目指すは『観光の総合商社』です。

  

Posted by at

2009年03月01日

オバマ大統領の議会演説を徹底分析する

アメリカ時間の2月24日に行われた、オバマ大統領の議会演説を徹底分析してみようではないか!
尚、演説の原稿は2月26日付けの日経新聞より抜粋しております。

オバマ大統領「今は大胆かつ賢く行動するときだ。経済を回復させるためだけでなく、持続的な繁栄の新しい礎を築くために。」
このスピーチのなかにある『大胆』という言葉がとても印象的で強烈なインパクトがある!経営にもよく言われるように、「大胆かつ繊細に」という言葉があるが、この演説内容から察するに、きっとオバマ氏は針の糸を通すかのように緻密な計画と大胆な行動でアメリカ経済を立て直すのではないか!

その期待感からここ最近の米ドル為替は強い!それとは対照的に日本経済の景気低迷と麻生総理に対する政治の失望感から日本円が売られて円の価値が急激に下がっている。

オバマ大統領「(350万人の雇用創出に向けて)私は行動を求める。なぜなら、もし行動しなければ、より多くの仕事が失われ、より多くの困難をもたらすからだ。」
英語の議会演説を見ても分かるように、ACT(行動する)という言葉が頻繁に使われている。
以前にもブログで書いたが、行動そのもがその人の真実なのだ。つまり、オバマ氏の演説がすばらしいことは周知の通りだが、きっと言行一致の人に違いないことがこの議会演説とこれからの施策で証明されるだろう。

オバマ大統領「(銀行ではなく国民を救うために)行動のコストは大きいだろうが、行動しないことのコストはもっと大きい。」
お分かりのように、ここでも『行動』ということばが使われている。
少し余談だが、最近の若い女性の間では、戦国武将ブームがひそかに沸き起こっている。これはきっと、いまの男性は中性的でしかも髪型までもが似ており、存在感や個性もがないからであろう。ところが、秀吉、信長、家康などの戦国武将たちは命がけで城や家臣たちを守り、そして勇敢さや男らしさが感じられた。それは行動力があったからといえる。

オバマ氏も当時の武将たちも国を守るという使命感があるはずだ!

経営者にとっていまこそ、いやいまだからこそ、この大不況下の中でやらなければならないことは、攻めの経営だ。
世間ではこの不況の中、いまは辛抱とか、なにもしないでじっとしておく方がよいとよく言うが、私に言わせれば攻撃こそが最大の防御なり!である。








  

Posted by 二宮 徹 at 18:22Comments(0)マーケティング・経営