外貨両替クイックサービス全18通貨(米ドル・台湾ドル・香港ドル・韓国ウォン・中国元・ユーロ・ロシアルーブル・カナダドル・オーストラリアドル・ニュージーランドドル・シンガポールドル・タイバーツ・インドネシアルピア・マレーシアリンギッド・ブラジルレアル・エジプトポンド・南アフリカランド・日本円)が福岡空港国際線でついにスタート!しかもレートが安い!お得!それは外貨両替レートも血のにじむような企業努力とまるで乾いた雑巾を絞るように経費削減をした結果、福岡空港で一番安いレートを実現することができました!しかも手数料も一切不要です。また便利な外貨宅配サービスもございます。わが社のビジョンは外貨両替事業と7カ国語同時通訳ケータイ・手話サービス事業を通して世のため人のために尽くしそして生きた証を残します。そしてこの度、社運をかけて九州で初となる、リンカーンのロングストレッチリムジン(新型新車特別限定車)を走らせます!目指すは『観光の総合商社』です。

スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2010年01月20日

心配性な女性②☆人生を懸けてバリバリ働く社長♪

私がよく知っている心配性な女性はとても考え方が古風である。
また手紙を書くことが好きで、字もきれいだ。今どきにはいないタイプの方である。そして心からとても優しくて、いつも相手のことを気づかってくれる。これからの世の中、もっとこういうタイプの女性が増えてほしいと感じる。

最近の女性に求めることは、字がもっと丁寧であってほしい。
いま弊社は求人の募集をおこなっており応募が80件を越えたのだが、履歴書が届いたらどこを見るかというと、やはりその人の性格が一番に現われる字である。やはり採用のポイントは人柄である。仕事柄は後からついてくるもの。

さて、先日の西日本新聞に火野 葦平の短歌が紹介されていた。
とても感銘を受けた短歌がこれだ。

「いとほしきわが命なれ大君の御前に果つる時し思えば」

戦争中は男女問わず、命を懸けて必死に生きていた描写が読み取れる。

これからの世の中、なにごとも覚悟を決めてやれば、道はきっと開ける。

  

Posted by 二宮 徹 at 23:28Comments(0)人生もベンチャーだ!