外貨両替クイックサービス全18通貨(米ドル・台湾ドル・香港ドル・韓国ウォン・中国元・ユーロ・ロシアルーブル・カナダドル・オーストラリアドル・ニュージーランドドル・シンガポールドル・タイバーツ・インドネシアルピア・マレーシアリンギッド・ブラジルレアル・エジプトポンド・南アフリカランド・日本円)が福岡空港国際線でついにスタート!しかもレートが安い!お得!それは外貨両替レートも血のにじむような企業努力とまるで乾いた雑巾を絞るように経費削減をした結果、福岡空港で一番安いレートを実現することができました!しかも手数料も一切不要です。また便利な外貨宅配サービスもございます。わが社のビジョンは外貨両替事業と7カ国語同時通訳ケータイ・手話サービス事業を通して世のため人のために尽くしそして生きた証を残します。そしてこの度、社運をかけて九州で初となる、リンカーンのロングストレッチリムジン(新型新車特別限定車)を走らせます!目指すは『観光の総合商社』です。

スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2010年06月15日

【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第13話】お見舞い編

入院生活を送っていると、普段お世話になっている、いろいろな方々がお見舞いに来てくれる。

基本的には会社に私宛の電話が入ると、長期で海外出張に行っていることになっているのだが、やはり情報は漏れるものだ!

ある日、うるさいヤツが見舞いにやって来た!(本人の名誉のためにあえてフォローすると、本心はもちろん嬉しいのです)
久池井 博である。ベンチャー仲間で、彼は当時株式上場に向けて準備をしており、その忙しい合間をぬってわざわざ見舞いに来てくれた・・・。

声はデカイが、友達思いのいいヤツである!個室でよかったよ。ニックネームはクッチーで、命名者はこのわ・た・し!
マジで声が大きいので、携帯電話で会話をするときは、机の上に携帯を置いたまま話すことができるから、MR.ハンズフリーとも呼ばれている。ウケる!

クッチー「ニノピー、果物をたくさん摂った方がいから、はいこれ!(豪華果物詰め合わせセット)」
ニノピー「クッチー、ありがとうね!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

クッチー「ところで、創業支援室の安川さんも見舞いに来るって言ってたよ!」

(安川さんとは福岡市の方で、当時ベンチャー支援の担当者であった・・・。いまのティスコがあるのは安川さんのおかげだ!というのも、福岡市ステップアップ事業のエントリー最終日に、私が体調が悪く、企画書を仕上げるにはどうしても時間がないから断りの電話を入れると、「あとどのくらいで完成しますか。」「あと1時間くらいです。」「それでは出来たら持ってきてください。それまでお待ちしています。」「わかりました!ありがとうございます。」というやりとりをして、企画書を急いで作成して持参した。

あのとき安川さんが私が来るのを待ていてくれなかたら、間違いなく「テレビ電話を使った手話通訳システム」がステップアップ助成事業の候補に選ばれるはずはない!彼は夜遅くまで、待っていてくれた・・・。

そして見事にステップアップ事業奨励賞をゲットすることができた。ありがとう!安川さん・・・。

ときどき、クッチーや安川さんなどのベンチャー仲間たちと飲みに行って馬鹿騒ぎすることがあるが、とても楽しい!
なぜって?それは人生を熱くそして前向きに語り合う、利害関係の全くない、純粋な友達だからである。


人生はドラマだ!


そう、いま私は生かされている・・・。そして世のため人のために尽くして生きた証しを残す。
この物語りも私の生きた証しであり、生き様である!

人生は一度きり!人生もベンチャーだ!

続く・・・。