外貨両替クイックサービス全18通貨(米ドル・台湾ドル・香港ドル・韓国ウォン・中国元・ユーロ・ロシアルーブル・カナダドル・オーストラリアドル・ニュージーランドドル・シンガポールドル・タイバーツ・インドネシアルピア・マレーシアリンギッド・ブラジルレアル・エジプトポンド・南アフリカランド・日本円)が福岡空港国際線でついにスタート!しかもレートが安い!お得!それは外貨両替レートも血のにじむような企業努力とまるで乾いた雑巾を絞るように経費削減をした結果、福岡空港で一番安いレートを実現することができました!しかも手数料も一切不要です。また便利な外貨宅配サービスもございます。わが社のビジョンは外貨両替事業と7カ国語同時通訳ケータイ・手話サービス事業を通して世のため人のために尽くしそして生きた証を残します。そしてこの度、社運をかけて九州で初となる、リンカーンのロングストレッチリムジン(新型新車特別限定車)を走らせます!目指すは『観光の総合商社』です。

スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2010年12月27日

【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第16話】

病院食が長く続くと、だんだん濃い味の食事が恋しくなる!幸い私の場合、抗がん剤治療の副作用で食欲不振に陥らずにすんだので、ガツガツと食べた・・・。

ナースステーションの前でおこなう毎朝の体重測定でも看護婦さんに注意されるほど体重が増えた!

ある日の夕方・・・。お腹が空いたので、浜の町病院の近くにあるうどんウエストに行った・・・。

「うまい!」たぶん病院食の薄味に慣れてしまったせいだろう、入院前よりもうどんのスープがとても美味しく感じる!

世間から遠ざかって入院生活が長いと、病院というところはひとつのコミュニティであることに気づく。特にお年寄りにとっては話し相手が増えて居心地がいい場合もあるだろう。ところが、若くて将来のある私はそうはいかない!やらなければならないことが山のようにある。
早く病院から脱出(もちろん退院のこと)したいという気持ちがうどんを食べながら一層強くそのように感じた・・・。

ちょうどそなときにNBC(九州ニュービジネス協議会)の事務局から私の携帯電話にプレゼンの依頼があった!

事務局「二宮さん、お元気ですか。九州ニュービジネス協議会の〇〇です。・・・久しぶりにプレゼンしてみませんか!」

二宮「はい!よろこんで♪」   これで、先生から外出許可がもらえる!



もちろん、事務局の方(名前を忘れた・・・)は私が入院していることは知らない。しかもガンで入院とは!

2010年ももう終わろうとしている・・・。今年は結局、人間ドックとペット検診に行けそうもない。
2011年の1月末までには必ず和白病院に行こう!3日間の検診に少し付き合ってくれる人も現れたぞ♪


人生はドラマだ!


そう、いま私は生かされている・・・。そして世のため人のために尽くして生きた証しを残す。
この物語りも私の生きた証しであり、生き様である!

人生は一度きり!人生もベンチャーだ!

続く・・・。