外貨両替クイックサービス全18通貨(米ドル・台湾ドル・香港ドル・韓国ウォン・中国元・ユーロ・ロシアルーブル・カナダドル・オーストラリアドル・ニュージーランドドル・シンガポールドル・タイバーツ・インドネシアルピア・マレーシアリンギッド・ブラジルレアル・エジプトポンド・南アフリカランド・日本円)が福岡空港国際線でついにスタート!しかもレートが安い!お得!それは外貨両替レートも血のにじむような企業努力とまるで乾いた雑巾を絞るように経費削減をした結果、福岡空港で一番安いレートを実現することができました!しかも手数料も一切不要です。また便利な外貨宅配サービスもございます。わが社のビジョンは外貨両替事業と7カ国語同時通訳ケータイ・手話サービス事業を通して世のため人のために尽くしそして生きた証を残します。そしてこの度、社運をかけて九州で初となる、リンカーンのロングストレッチリムジン(新型新車特別限定車)を走らせます!目指すは『観光の総合商社』です。

  

Posted by at

2013年01月12日

孫正義氏も驚愕の話☆岩崎弥太郎になる!

昨日の日経新聞に掲載されていた記事が実に面白い!
アメリカ第3位の通信会社スプリント・ネクステルを完全に子会社化で合意したクリヤワイヤに対して、
ディッシュ・ネットワーク社の会長チャールズ・アーゲン氏が買収案を提案したのだ。

スプリント・ネクステル社といえば、昨年にソフトバンクが買収を発表した企業だ。

ということは、どうなるのかがおもしろい。
ネットワーク社が提案した買収額は1株あたり3.30ドルで、スプリント社の提示額2.97ドルよりも
上回るからだ。

これが実現すると、「スプリント社は安い買い物!」と豪語した孫正義氏は買収額は想定外に膨らむからである。

しかし、クリヤワイヤ社とスプリント社は複雑な契約条件で厳しい縛りがあるため、実現は極めて小さい。
実現が難しいにも関わらず、ディッシュ・ネットワーク社のチャールズ・アゲン氏が買収案を提案したのはには理由がある。
それは、スプリント社が保有する周波数と無線通信事業に興味があり、少なくとも提携にこぎつけたいという思惑があるからである。

この駆け引きと今後のやり取りにコンタクトレンズは外せない。「あっ!」間違えた。
目が離せない。icon194  

Posted by 二宮 徹 at 17:01Comments(0)マーケティング・経営