外貨両替クイックサービス全18通貨(米ドル・台湾ドル・香港ドル・韓国ウォン・中国元・ユーロ・ロシアルーブル・カナダドル・オーストラリアドル・ニュージーランドドル・シンガポールドル・タイバーツ・インドネシアルピア・マレーシアリンギッド・ブラジルレアル・エジプトポンド・南アフリカランド・日本円)が福岡空港国際線でついにスタート!しかもレートが安い!お得!それは外貨両替レートも血のにじむような企業努力とまるで乾いた雑巾を絞るように経費削減をした結果、福岡空港で一番安いレートを実現することができました!しかも手数料も一切不要です。また便利な外貨宅配サービスもございます。わが社のビジョンは外貨両替事業と7カ国語同時通訳ケータイ・手話サービス事業を通して世のため人のために尽くしそして生きた証を残します。そしてこの度、社運をかけて九州で初となる、リンカーンのロングストレッチリムジン(新型新車特別限定車)を走らせます!目指すは『観光の総合商社』です。

2006年07月05日

生きた証を残す③


<手話オペレータのイメージ>★モデルは弊社のがんばりや社員:藤本★
続きです。

ところが、実際に手話通訳サービスの普及活動(営業をそう呼んでいます。)をしてみると、現実は厳しいものがあります。

と言いますか、手話に対する企業側の認知度が低く愕然としました。

アポイントは企業の担当者レベル(課長クラス)しかとれません。

私どもが、目指す面談者は、その企業のトップです!しかも大企業を狙っています。
なぜなら、導入したいところが、交通機関・デパート・銀行・旅行会社などの受付窓口に手話サービスを設置してもらいたいから。
少なくとも役員クラスに会わないとCSR(企業の社会的責任)といった話を理解してくれないのです。

しかし、社長はそう簡単には会ってくれないのが現実!電話にでたスタッフも無名でしかもベンチャー企業には社長に電話をつないではくれないのです。


担当者と商談しても「費用対効果がねぇ」と言って手話サービスの導入には結びつかないですね。

とてもがっかりします。残念です。

アポがとれなければ、1日に法人企業を20社以上、飛び込み営業をしたりしてきましたが、
だんだん自信を失くすんですよね。

でも定期的に行っている手話サービスの説明会でろうあの方々にお会いしてあの明るい表情を見ると
逆に励まされます。同時に手ごたえも感じるのです。このサービスは必要とされていると・・・・。

そして、「よしっ!またがんばろう!」と。

続く・・・・。



同じカテゴリー(晴天の霹靂)の記事画像
生きた証を残す⑥
生きた証を残す②
同じカテゴリー(晴天の霹靂)の記事
 生きた証を残す⑥ (2006-07-12 23:30)
 生きた証を残す④ (2006-07-07 01:11)
 生きた証を残す② (2006-07-03 13:21)
 生きた証を残します。 (2006-07-02 09:36)

この記事へのコメント
私は、大学で障害児教育を専門で学んでいます。
手話は自己紹介程度しかできませんが、
このようなサービスが早く普及して、
知り合いの聾唖の方に早く伝えたい!!と思いました。

すばらしい事業だと思います。
そのサービスが暮らしの日常の一部になることを
楽しみにしています。
Posted by  BSCC熊本 末藤明子 at 2006年07月05日 19:26
ありがとうございます!期待して待っていてください。
必ず実現させます。
宜しくお願いします。
Posted by TISCO二宮 at 2006年07月05日 22:21
このサービスって画期的ですね。

マスコミの皆様!!

ぜひ特集してください!!
Posted by 県民 at 2006年07月05日 22:37
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。