外貨両替クイックサービス全18通貨(米ドル・台湾ドル・香港ドル・韓国ウォン・中国元・ユーロ・ロシアルーブル・カナダドル・オーストラリアドル・ニュージーランドドル・シンガポールドル・タイバーツ・インドネシアルピア・マレーシアリンギッド・ブラジルレアル・エジプトポンド・南アフリカランド・日本円)が福岡空港国際線でついにスタート!しかもレートが安い!お得!それは外貨両替レートも血のにじむような企業努力とまるで乾いた雑巾を絞るように経費削減をした結果、福岡空港で一番安いレートを実現することができました!しかも手数料も一切不要です。また便利な外貨宅配サービスもございます。わが社のビジョンは外貨両替事業と7カ国語同時通訳ケータイ・手話サービス事業を通して世のため人のために尽くしそして生きた証を残します。そしてこの度、社運をかけて九州で初となる、リンカーンのロングストレッチリムジン(新型新車特別限定車)を走らせます!目指すは『観光の総合商社』です。

2010年02月01日

【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第1話】

まさか自分が癌になるとは誰が思うのか!晴天の霹靂とはこのことをいうのか。



そう、あれは決して忘れることができない5年前の10月のこと・・・。体の調子がおかしい。
とにかく体が熱く、微熱が下がらない。
そして寝汗がひどい。夜中にシャツを3枚も着替えるほど汗が止まらない・・・。
自分の体に異変を感じはじめたのはその時からだ。

会社を立ち上げて5年目でもあり、日々忙殺されてなかなか病院にも行けない。でも体が明らかにおかしい。悲鳴を上げている。
ほっといていた右の頸部にできた1センチほどのしこりも、いつの間にか2センチにもなる。
これはほんとうにただ事ではない!ようやく私は、病院に行くことに決めた。


最初に行った病院は家の近くにあるA病院だ。問診を済ませると、耳鼻科に通される。
女性の担当医「二宮さん、おそらくこの腫れは耳下腺に黴菌でも入ったと思いますよ。」
二宮「はあ、そうですか・・・。」

(医者や政治家たちが「・・・と思う。」と言うのは自信が無い証拠だ!ちなみにティスコでは決してこの言葉を言わせないことにしている。)

さて、もらった薬を飲んでも腫れがひくどころか、ますます大きくなるではないか!

医者も当てにならないと悟った私は、生まれて初めて人間ドックとPET検診を受けることに決めた。
仲良く親友の曽根崎さんといっしょに受診することになった。

1泊2日の検診で20万円以上はかかる。たまたま小さなベンチャー企業の経営をしていたので、なんとか支払うことができた金額だ。

もし当時もサラーリーマン生活を続けていたら、絶対に支払える金額ではなし、もちろん病院にも行かない。
そう考えると、おそらく私はこの世には生きてはいないかもしれない。
そのときすでに癌がⅡ期まで進行していたとは・・・知るはずもなかった。

そう、いま私は生かされている・・・。

人生もベンチャーだ!

続く・・・。






同じカテゴリー(悪性リンパ腫と闘った男の物語)の記事画像
【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第12話】抗がん剤編
【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第8話】抗がん剤編
【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第7話】抗がん剤編
【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第5話】
【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第3話】
【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第2話】
同じカテゴリー(悪性リンパ腫と闘った男の物語)の記事
 【人生の最期に生きた証を残せるか!】 (2011-03-14 21:13)
 【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第16話】 (2010-12-27 22:30)
 【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第15話】お見舞い編 (2010-09-11 19:25)
 【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第14話】お見舞い編 (2010-06-26 18:26)
 【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第13話】お見舞い編 (2010-06-15 20:32)
 【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第12話】抗がん剤編 (2010-05-24 21:56)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。