外貨両替クイックサービス全18通貨(米ドル・台湾ドル・香港ドル・韓国ウォン・中国元・ユーロ・ロシアルーブル・カナダドル・オーストラリアドル・ニュージーランドドル・シンガポールドル・タイバーツ・インドネシアルピア・マレーシアリンギッド・ブラジルレアル・エジプトポンド・南アフリカランド・日本円)が福岡空港国際線でついにスタート!しかもレートが安い!お得!それは外貨両替レートも血のにじむような企業努力とまるで乾いた雑巾を絞るように経費削減をした結果、福岡空港で一番安いレートを実現することができました!しかも手数料も一切不要です。また便利な外貨宅配サービスもございます。わが社のビジョンは外貨両替事業と7カ国語同時通訳ケータイ・手話サービス事業を通して世のため人のために尽くしそして生きた証を残します。そしてこの度、社運をかけて九州で初となる、リンカーンのロングストレッチリムジン(新型新車特別限定車)を走らせます!目指すは『観光の総合商社』です。

2010年02月13日

【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第4話】

普段は3秒で眠ることが出来るこの私も、生まれて初めて手術を受ける前の晩はさすがに興奮してなかなか寝つけない・・・。

「そうだ。そう言えば、先生から睡眠薬をもらったんだ。」
早速それを小さな紙袋から取り出して、1錠飲むとグッスリと眠れた。さすが俺だ!至って単純。分かりやすい!

日ごろから大変お世話になっているJMTUKさんからは、「にのちゃんはいつもニコニコしていて悩みないよねっ!」って肯定的に言われるほど、私は単純で能天気なんでしょう。とにかく気持ちよく眠れた・・・。

いよいよ手術当日の日がやってきた。(妙に明るいニュアンスを感じる)

さすが看護婦さん(ここでは看護士と呼ばずにあえてこのように書くことにした)たちは手際が良い。あれよあれという間に、ベッドの上から私を手術室へ運ぶ細いベッドのような台(ストレッチャー)へと移してくれた。

よくドラマで見かけるワンシーンだ。点滴を打ちながら、手術室へと運ばれる。

「二宮さーん、今から麻酔をかけますね!」と言われて顔にマスクを当てられると、「眠くならんかったらどげんしょう・・・。」と心配性な私は心配する間もなく夢の中へ・・・。

それから手術も終わり目が覚めると、私は集中治療室に居ることに気がついた。

「うん?」なんだか下半身がおかしい・・・。そうなんです。管がつけられていました。もうまな板の鯉です。好きにしてくださいって感じ・・・。

経過も良好で1日程度で病室へ戻ることができた。一応個室です。(自慢か!)ベンチャーはシゴトと携帯は手放すことができませんから、ベッドの上でも仕事をしていましたからね。大部屋だと他の患者さんに迷惑がかかりますから。

「二宮さーん、そろそろ管をとりましょうか。」看護婦さんはなんだか嬉しそう・・・。
「それじゃあ、取りますよ!」

「スコーン!」おいおい、違う、違う。そうじゃないでしょ。(少し誇張表現はいってます・・・。)

ある日のこと。テレビをつけると、映画「天国で君に逢えたら」の主人公であるプロサーファー飯島夏樹さんのドキュメンタリーが流れていた。
そうです。癌を告知され、余命数ヶ月とも言われましたが、1年以上でしょうか、癌と戦って自力で生き延びることができた実話です。すごい生命力ではありませんか!

もう涙が止まりません・・・。号泣です・・・。

『俺もいつかこげな体になってしまうんか!』その時、夏樹さんはほほはこけて、体はとても痩せ細っていました。あの小麦色の肌がとてもよく似合う、筋肉質の夏樹さんがです・・・。
そして全身にはいくつもの管が付けられていました。またお腹にもいくつもの手術の傷跡が残っていました・・・。

画面に映し出された夏樹さんは、癌の末期とは思えないくらい、いつも明るく元気一杯の方のように見受けられました。


そう、いま私は生かされている。

人生もベンチャーだ!

続く・・・。





同じカテゴリー(悪性リンパ腫と闘った男の物語)の記事画像
【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第12話】抗がん剤編
【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第8話】抗がん剤編
【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第7話】抗がん剤編
【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第5話】
【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第3話】
【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第2話】
同じカテゴリー(悪性リンパ腫と闘った男の物語)の記事
 【人生の最期に生きた証を残せるか!】 (2011-03-14 21:13)
 【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第16話】 (2010-12-27 22:30)
 【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第15話】お見舞い編 (2010-09-11 19:25)
 【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第14話】お見舞い編 (2010-06-26 18:26)
 【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第13話】お見舞い編 (2010-06-15 20:32)
 【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第12話】抗がん剤編 (2010-05-24 21:56)

この記事へのコメント
 いつも楽しみに、いや、涙にくれながら、感動の名作を読ませて頂いております。
 ちなみに『ベッドの上から私を手術室へ運ぶ細いベッドのような台』は、
 一般的には、『ストレッチャー』と呼ばれております。
 では、次回を楽しみにしております!!
Posted by とりちゃん at 2010年02月15日 16:59
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。