外貨両替クイックサービス全18通貨(米ドル・台湾ドル・香港ドル・韓国ウォン・中国元・ユーロ・ロシアルーブル・カナダドル・オーストラリアドル・ニュージーランドドル・シンガポールドル・タイバーツ・インドネシアルピア・マレーシアリンギッド・ブラジルレアル・エジプトポンド・南アフリカランド・日本円)が福岡空港国際線でついにスタート!しかもレートが安い!お得!それは外貨両替レートも血のにじむような企業努力とまるで乾いた雑巾を絞るように経費削減をした結果、福岡空港で一番安いレートを実現することができました!しかも手数料も一切不要です。また便利な外貨宅配サービスもございます。わが社のビジョンは外貨両替事業と7カ国語同時通訳ケータイ・手話サービス事業を通して世のため人のために尽くしそして生きた証を残します。そしてこの度、社運をかけて九州で初となる、リンカーンのロングストレッチリムジン(新型新車特別限定車)を走らせます!目指すは『観光の総合商社』です。

2010年02月28日

【 悪性リンパ腫と闘った男の物語 第6話】抗がん剤編

「うーっ、、、痛い!」まるで魂を吸い取られるかのようだ・・・。

映画「ゴースト ニューヨークの幻」の主人公を演じたパトリックのように魂が天国に向かって昇天する感じだ。

そのパトリックもすい臓がんでほんとうにこの世を去ってしまった。彼が癌に侵されていると気づいたときはⅣ期であった。
いわゆる、末期がんである・・・。

血液内科のある浜の町病院(福岡市中央区舞鶴)に移った初日のことである。
先生が、「骨髄液を検査する必要があります・・・。」と言われ、さらに続けてこう言った。「今日、骨髄液を取る覚悟があるならいまからでも準備できますが・・・。」

『覚悟』という言葉はなかなかいい言葉だ!私に対してそう言ったのだが、先生自身も真剣勝負に違いない。

人生もビジネスも『覚悟』が必要である!

この時から私は、『覚悟』という言葉を意識して使うようになった。

「分かりました。」診察室のベッドに横たわったまま私は、なんの躊躇することもなく即座にこう応えた。

胸の真中に大きな注射針が刺さる。そして針が胸の奥深くまで入り込み、さらに肋骨までたどり着くと骨髄液が抜き取られる。!「うーっ、、、痛い!」注射器が引かれると同時に体ごと引っ張られる感じがするではないか!

とにかく胸が苦しい・・・、呼吸ができない!息が止まりそうだ・・・。


これで注射に対する概念が変わった。いままでは注射といえば、腕などに打つものと思っていたが、まさか自分の胸に打つとは誰が想像しただろうか。

誰でも血液検査で血液を採ったことはあるだろうが、骨髄液はわけが違う。こんなつらい思いはもう沢山だ!!!

しかしこれからもっと過酷な日々を迎えることはまだ知る由もない・・・。

そう、いま私は生かされている・・・。そして世のため人のために尽くして生きた証を残す。

人生もベンチャーだ!

続く・・・。


同じカテゴリー(悪性リンパ腫と闘った男の物語)の記事画像
【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第12話】抗がん剤編
【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第8話】抗がん剤編
【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第7話】抗がん剤編
【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第5話】
【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第3話】
【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第2話】
同じカテゴリー(悪性リンパ腫と闘った男の物語)の記事
 【人生の最期に生きた証を残せるか!】 (2011-03-14 21:13)
 【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第16話】 (2010-12-27 22:30)
 【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第15話】お見舞い編 (2010-09-11 19:25)
 【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第14話】お見舞い編 (2010-06-26 18:26)
 【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第13話】お見舞い編 (2010-06-15 20:32)
 【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第12話】抗がん剤編 (2010-05-24 21:56)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。