外貨両替クイックサービス全18通貨(米ドル・台湾ドル・香港ドル・韓国ウォン・中国元・ユーロ・ロシアルーブル・カナダドル・オーストラリアドル・ニュージーランドドル・シンガポールドル・タイバーツ・インドネシアルピア・マレーシアリンギッド・ブラジルレアル・エジプトポンド・南アフリカランド・日本円)が福岡空港国際線でついにスタート!しかもレートが安い!お得!それは外貨両替レートも血のにじむような企業努力とまるで乾いた雑巾を絞るように経費削減をした結果、福岡空港で一番安いレートを実現することができました!しかも手数料も一切不要です。また便利な外貨宅配サービスもございます。わが社のビジョンは外貨両替事業と7カ国語同時通訳ケータイ・手話サービス事業を通して世のため人のために尽くしそして生きた証を残します。そしてこの度、社運をかけて九州で初となる、リンカーンのロングストレッチリムジン(新型新車特別限定車)を走らせます!目指すは『観光の総合商社』です。

2010年03月08日

【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第7話】抗がん剤編

次の日からまた入院生活が始まった・・・。

浜の町病院はとにかく建物が老朽化してる!しかし、看護婦さんたち(ここでは看護士とはあえて書かない)はとても親切だ。

あいにく一般病棟の個室に空き部屋がなく、空きがでるまでしばらくは小児病棟の個室に入院することとなる。部屋号室ではなく、動物名で、確か「きりんさん」だったか!?

廊下では看護婦さんたちが、患者さんたちを動物名で呼び合う声が聞こえるではないか。

当然ながら、私には余裕が無く部屋の名前など関係ない!どうでもいい。

主治医がここでも美人の女性であったが(前回も書いたが病院では女性運がいい)、ここまでくるともう誰でもいい・・・。

先生「二宮さん、明日から抗がん剤を投与していきます・・・。最初は抗がん剤の量を多めにします。2回目からは様子を見て適度な量にします。」
二宮「はい・・・分かりました・・・。(覚悟はできている!)」

翌朝、抗がん剤と点滴剤がそれらをつり下げるスタンドといっしょに病室へと運ばれてきた・・・。

いよいよ1回目の抗がん剤治療が始まる・・・。病室に緊張感が走る・・・。もちろんこの私も緊張しないわけがない!


そう、いま私は生かされている・・・。そして世のため人のために尽くして生きた証しを残す。

この物語りも私の生きた証しであり、生き様である!

人生は一度きり!人生もベンチャーだ!




退院後、ほぼ元気になった私は間もなくして、渡米することを決めた。入院中にアメリカからメールでアプローチのあったある会社の社長に会うためだ。

写真はその会社と契約(その場で即サイン)を結んだ直後に先方の社長と握手を交わしているところ。

見ての通り、頭には産毛が生えてきたところであるが、眉毛はまだとても薄いのが分かる。
抗がん剤は頭の毛だけではなく、全身の毛が抜けてしまう・・・。





同じカテゴリー(悪性リンパ腫と闘った男の物語)の記事画像
【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第12話】抗がん剤編
【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第8話】抗がん剤編
【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第5話】
【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第3話】
【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第2話】
【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第1話】
同じカテゴリー(悪性リンパ腫と闘った男の物語)の記事
 【人生の最期に生きた証を残せるか!】 (2011-03-14 21:13)
 【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第16話】 (2010-12-27 22:30)
 【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第15話】お見舞い編 (2010-09-11 19:25)
 【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第14話】お見舞い編 (2010-06-26 18:26)
 【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第13話】お見舞い編 (2010-06-15 20:32)
 【悪性リンパ腫と闘った男の物語 第12話】抗がん剤編 (2010-05-24 21:56)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。